自分がイメージした写真が撮れない。。

先日はカメラの選び方についてのQ&Aを公開しました。

今はカメラの世界ではデジタルが主流ではありますが、これから先もこうしたクリエイティブな世界だけでなく、例えば医療や自動車産業など、どんどんと発展していくことでしょう。

私自身、時代の波に柔軟に対応して、いまライフワークの一つとしている後進の人材の育成に注力していきたいとも考えていますし、また当ブログの本来の趣旨であります、カメラ、写真が好きな人たちのために、自身の経験を活かしていけたらと考えています^^!

さて本日もそうした気持ちを新たに、これまで私に生徒から頂いたQ&Aを公開していきますのでどうぞ最後までお付き合いください^^!

<目次>

◆皆様から橘田への質問

◆写真やカメラに関するワークショップ、起業セミナーのご案内

◆皆様から橘田への質問

これから紹介するのは、カメラをすでに始めている方々むけの講義を行った際の一幕になります。なかなかの難題ではあり、橘田自身も経験したことのある「悩み」でした。

●生徒の一人から)

思うような写真が撮れずに困っています。助けてください。

●橘田)

是非助けて差し上げたいのはやまやまなのですが。。。

正直、その悩み、とってもよくわかります。

なぜわかるかといえば、カメラが好きな人で、写真をとり続けているひとは皆通る道だと思っているからです。

事実、私も通りました。

しかも何度も。。

焦りますよね。

しかもその思った写真が撮れない原因を自分の外に求めたくなる><。

でも実は違うんですよね。

原因は自分の中にあって、

一つはどんな写真を求めているのか、自分の中でもまだはっきりしていない。ぼんやりしているから、撮っても撮っても違和感しか残らない写真しか撮れない。

もう一つは、自身が納得いく写真を撮りたいが、技術が追いついていない。

もう一つは、被写体との呼吸があっていない。

これらのどれかが当てはまっているのではないでしょうか。

私も何度もこれらにぶつかりました。

そして何度も乗り越えてきました。

だから今があると思っています。

そんな乗り越えてきた立場として、皆さんにお伝えできることもありますので、この場をお借りしてお伝えしますと、、解決策としては、

1)他人と比べない!比べてもしんどくなる可能性もあるし、根本からずれて余計に悩みが増える可能性もあります。

2)休むときは休む。

休んで体調を整えると、案外、すっきりした気持ちでシャッターをきることができたりすることもあります。

3)たまには違った撮り方を試してみて!貴方があみ出した撮り方が、案外貴方の悩みを解決することだってあるんです。

4)迷ったらこうやって誰かに悩みをぶつけて相談する!これ、けっこう大事です。頭の中が整理できると、解決の糸口がみつかるっていうのかな。

是非ためしてみてください。

ーーーーーーーー

特に最後に、この場でお伝えしていた、「人に相談すること。」これは私に相談いただけると、何かしら力になれることがあるかもしれません。

よかったら何かありましたら、ryoma@stereo-gn.com

まで連絡を^^お待ちしています!

◆写真やカメラに関するワークショップ、起業セミナーのご案内

普段何気なく使っているカメラ。

プレイベートでも、お仕事でも様々なところで活躍してくれますよね。

そんなカメラについてもっと深く知りたいと思われた方、またはカメラを使うお仕事をされている方で、より技術を深めたいと考えていらっしゃる方、

個人団体問わず、まずは

ryoma@stereo-gn.comまでご連絡ください^^

何気ない質問でも構いません。

誠心誠意お答えして行きます!

それをすることによって私も、これまでの振り返りにもなります。

ですので遠慮なくご連絡くださいね^^!

ちなみにこちらでは様々な講義のコースを設けております!

貴方にあったコースもきっと見つかると思いますので、よかったらご覧ください↓

↓↓↓各種講座紹介↓↓↓

【https://happy-photo.shop-pro.jp】

本日も最後までご覧くださり、ありがとうございました!

また明日にでも^^

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事